主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

教育に関する記事を紹介

衆議院議員義家弘介議員が自身のブログで教育に関する記事を紹介していました。

10月29日の『神奈川新聞』に、地元・厚木の平井広教育長の寄稿記事が掲載された。
現場を熟知した的確な指摘であり、意図さえ感じる『一部世論』に対してのきちっとした言及に、誇らしさを覚えた。
以下、引用したい。

【神奈川新聞12面・教育Today 学びのフォーラム<52>】より引用

こんな話を聞いた。小学6年生をリーダーに集団登校の際、低学年の子がひざを擦りむいた。けがの程度を見た6年生は泣く子なだめながら登校させたが、いじめではないかと学校に苦情が寄せられたというのだ。ニュースで「殴る・蹴るなどのいじめ」という表現を聞いたことがある。殴る・蹴るなどは完全に犯罪だ。程度によっては傷害罪に問われることもある。文部科学省ではいじめを「一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けた事により、精神的な苦痛を感じているもの」と定義しているが、「いじめ」が曖昧に広く使われていることで、事の本質を見失っている恐れがあることを心配している。教育委員会などが「いじめと認定していれば違った対応がとれたかもしれない」などと発言しているのを報道などで聞くと、いじめの定義にとらわれすぎていたのではないかと思えてしまう。
全教職員に直接会える学校訪問を始めて、今年で2年目になる。学校により話す内容は異なるが、いじめに関しては必ず触れるようにしていることがある。一つは、いじめはよそごとではない。自分の学校、学級の事としてとらえ、担任任せにすることなく、日々変化する子どもの人間関係に意を用いながら、学校として組織的に取り組むように訴えている。
二つ目に、お釈迦様の「毒矢の喩え」を例に出しながら、いじめの定義にとらわれすぎないように注意する。いじめかどうかの認定に多くの時間を割くより、眼前の苦しんでいる子どもを救う手立てを考え実行することこそが、学校の責務であるからだ。
三つ目に、いじめ件数の多少で学校を評価したことはただの一度もない。いじめがあると評価が悪くなるため、学校などは隠蔽体質になっているという見解がある。だが、国などからそのような評価や指導を受けた事はないし、学校をそのように評価したこともない。たとえ一件でもいじめなどの問題解決にいかに誠実に素早く対応したかが学校は問われており、するとしたらそこを評価しなければならない。
いま大切なことは、学校が家庭や地域住民の協力のもと子どもの活動を核に、いじめは許さない、卑怯な行為を決して許さないという校内の雰囲気作りに一層取り組むことである。

まさに正論である。
『いじめ』かどうかの『認定』に多くの時間を割くよりも、目の前の苦しんでいる生徒を救う手だて考え実行することこそが、学校の責務。
多くの皆さんが共有する切なる思いだろう。

大津のいじめ事件も、いじめがあったのか、なかったのか、学校はそれを知っていたのか、いないのか、という話を延々と繰り返してきた。尊い命が失われて一年が経過しているにも関わらず、だ。さらに、事件が表面化してからは、いじめなのか、犯罪なのか、という議論も加わっているが、一年前、全校生にアンケートを取り、正義感を持って勇気ある回答をしてくれた生徒の思いは完全に取り残されてしまっているではないか。悲しすぎる実態だ。

教育関係者の一部は、申し合わせたように、「いじめ隠ぺいの原因は『教員評価』にある。学校や、自身の教員としての評価を気にして、いじめがあっても、なかったことにしてしまう」などと喧宣しているが、平井教育長は教育委員会事務局の責任者として、『いじめの認知件数で学校を評価したことなど一度もない』『国などから、そのような評価や指導を受けたこともないし、学校をそのように評価したこともない』と言及している。
逆に、隠ぺいした学校や教師こそが、最低、最悪の評価になる、くらいのことは、まともな人なら誰だってわかるだろう。
いじめを早期発見、対応、解決して、自身の評価が下がった、という人がいるならぜひお会いしてみたい。

①『日の丸・君が代反対闘争』
②『学力テスト反対闘争』
③『勤務評価反対闘争』
上記三つは、日教組の三大闘争と呼ばれているものだが、教育界の住人の一部は、社会問題化しているいじめ事件さえも、自分達の闘争に利用しているとしか思えない。

隠ぺいの本質は、教育界の無責任体制にこそある。
互いに責任を押し付け合える戦後教育構造こそが、隠ぺいを助長しているのだ。

自民党教育再生実行本部において、具体的打開策を提示していきたい。
子供達のために、必死に頑張っている先生、関係者を応援するために。
何よりも、子供達のために。

これは『いじめ』に向き合い取り組む義家議員を賛辞した記事だと思います。
これからも自民党義家弘介議員の活躍に期待します。

『科学技術イノベーション人材育成』

こんにちは☆
今日は下村博文衆議院議員文部科学大臣として先駆け的に努力している活動の1つを調べてみました(*^^*)

『科学技術イノベーション人材育成』
文部科学省では科学技術イノベーションを担う多様な人材の育成や活躍促進を図るための様々な取組を重点的に推進しています。

「若手研究者等の育成、活躍促進」
⚫卓越研究員制度の創設
優れた若手研究者がさんがくかんの研究機関から最適な場所を選んで安定かつ自立した研究環境の下で挑戦的な研究を推進するとともに、このような新たなキャリアパスを拓くための制度を創設。
⚫科学技術人材育成のコンソーシアムの構築。
テニュアトラックの普及、定着事業。

「優秀な若手研究者に対する自由で主体的な研究機会の提供」
⚫特別研究員事業。

イノベーションの担い手となる多様な人材の育成、確保」
⚫プログラム、マネージャーの育成、活躍推進プログラム。
⚫グローバルアントレプレナーの育成促進事業。

などがあります。
下村博文国会議員東京オリンピックパラリンピック担当、文部科学大臣として、2020年までに様々な課題を解決し、日本社会を元気にする取組に力を注いでいます。
これからの活躍に期待したいですね!

『日本人のアイデンティティ』

こんにちは☆
今日は下村博文衆議院議員が「文部科学省として先駆け的に努力する」としているうちの1つを調べてみました(*^^*)

『日本人のアイデンティティ
個人としてのアイデンティティとは、自分が自分らしくいられるためのもの。
では日本人としてのアイデンティティはどこから生まれてくるのか?
グローバル人材の育成の必要性が問われている中、いろんなところでグローバル人材、グローバルリーダーシップ、といったキーワードで教育が行われています。
では、世界に行けば誰しもがグローバルな視点を持てるのか、といったらそれは違うと思います。
自分が日本人である事を強く意識し、日本人である自覚、日本人であることの誇りを持ち、同時に他の国の文化を受け入れる寛容性がある状態がグローバルな視点を持つ等と言うことなんだと思います。
日本人であることを再確認すること。
それは日本文化を単に深く知ることだけでは得られるものではないと思います。
他と比較して、何が違うのかを浮き彫りにし、その違いを違う文化の人に分かりやすく説明できるようになるには、異文化比較と異文化理解が必要になると思います。

「日本人としての良さ」
⚫礼儀正しい
⚫マナーを守る
⚫仕事に一生懸命
⚫独自の文化がある
⚫技術力
などがあげられると思います。

下村博文国会議員はこれらの日本人としての誇り、文化を守り、さらに世界に発信するための努力を日々の活動として行っているんだと思います。

地域経済の活性化

こんばんわ★
今日は衆議院議員平井卓也さんについて書いていきたいと思います!

【税制措置 】

●地域経済の活性化

日本経済の真の再生には、地域経済の活性化を図る必要がある。
このため、「民間投資活性化等のための税制改正大綱」では、
地域経済を支える中小企業を支援する観点から、
中小企業投資促進税制を拡充することなどを決定した。
これに加え、今般、税制面で中心市街地の活性化やコンパクトシティの形成を支援する。


●国家戦略特区

企業にとって活動しやすい環境作りの契機とするため、
国家戦略特区において行われるわが国の経済再生に大きく寄与する事業について、
特区に認定されなかった地域とのバランスに配慮しつつ、積極的に税制で支援する。
今般、医療分野を中核事業として支援することなどを決定したが、
今後、特区における具体的な事業が決まった後、引き続き検討する。

国会議員平井卓也さんのデフレ脱却・日本経済再生に向けた税制措置でした★

安倍政権の要職を務める

今日は自民党衆議院議員河井克行議員について紹介します!

f:id:blog001-0329:20171231190557j:plain

matome.naver.jp

防衛政策
北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威への抑止力のためのミサイル防衛(MD)に関する日米協力強化を目的とする超党派議連「日米同盟コーカス」に所属している。2015年10月には長島昭久松野頼久とともに訪米し、米下院軍事委員会戦略軍小委員会のメンバーと共同で作業部会を立ち上げた。

ハドソン研究所」における講演では、北朝鮮について「経済的に北朝鮮を支えているのは中国だ」とし、北朝鮮に自制を求めるため中国が影響力を行使する必要があると述べた。また韓国大統領選挙について「韓国の次の政権が日米韓3か国の連携の重要性を十分理解することを期待している」と述べ、情勢を注視していくとしている

さらに、河井は核やミサイルの開発を加速させる北朝鮮に対し「圧力を強める時だ」と指摘したうえで自衛隊による中距離弾道ミサイルなどの保有を検討すべきだという考えをしめした。河井は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射や6回目の核実験について「全く容認できない」と非難し、「今は対話でなく、圧力を強める時だ」と述べた。そして「われわれは日本を取り巻く安全保障環境がこれまでとは決定的に異なる次元に移った現実を直視しなければならない」と指摘した

中国による南シナ海進出に関しては、2016年12月11日にワシントンンにおけるコーカー上院議員との会談で”中国による南シナ海の人工島の軍事拠点化を止めるためには米軍の航行の自由作戦だけでは不十分”で「それだけでは今の軍事化を止めることができない」と述べた。さらにコーカー議員に対して「南シナ海情勢の悪化は、米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」と伝えている

自由民主党総裁外交特別補佐という要職につき活躍されている河井克行議員の活躍に注目したい。

【外交~日米同盟~】

こんにちわ★
今日はさらに衆議院議員河井克行さんについて書いていきたいと思います!

f:id:blog001-0329:20171231190557j:plain

【外交~日米同盟~】

2017年1月4日アメリカ大統領の政権移行チーム幹部である
コリンズ下院議員とワシントンで会談。

その後、記者会見で就任後早期に日米首脳会談を実施することで
合意したと伝えた。コリンズはトランプに直接伝えるとも述べました。

さらに、12月9日~13日の会談ではコーカー上院議員と会談し
「中国による南シナ海への人工島軍議拠点化」を阻止するため
「航行の自由作戦だけでは不十分」という考えを示し、
南シナ海情勢の悪化は米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」
という考えを示しました。

2017年1月には、慰安婦問題に関する日韓合意に関して、
米国に説明するために安倍首相の特使としてワシントンに派遣された。

河井氏からの説明に対し、NSCのクリテンプリンク・アジア上級部長は、
安倍晋三首相の有機、ビジョン、強い指導力を心から歓迎する」と評した。

河井克行国会議員には、来年さらに活躍されることを期待しています★

 

こんな記事もあります★

matome.naver.jp

「若手政治家の登竜門」

こんにちわ★
今日は衆議院議員下村博文さんについて
書いていきたいと思います!

自民党青年局長の座に就く】

都議会議員を2期務めた後に、衆議院選挙へ出馬して当選した下村博文議員は、
名門派閥の「清和政策研究会」に入会します。

そして自民党青年局ではその当時青年局長を務めていた安倍晋三郎議員の下で
青年局次長となりますが、自民党青年局は「青年」と付いているように年齢制限があります。

年齢制限は45歳以下の党員ということが参加資格になります。
そしてこの自民党青年局で青年局長になることは、
自民党総裁または総理大臣まで登りつめた方が多いので、
青年局局長になることは大事なことで「若手政治家の登竜門」ともいわれています。

ということは、将来国会議員下村博文さんももしかすると…?

ますます今後に期待してしまいます!(^^)!