主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

独自の教育観点で政治に切り込む

今日は衆議院議員義家弘介議員を紹介します。

1971年3月31日 - 長野県長野市で生まれる。
1986年3月 - 長野市立若穂中学校卒業。
4月 - 長野県長野東高等学校入学。
1987年 - 長野県長野東高等学校2年生の時に暴力事件を起こし、進路変更(中退)。両親に絶縁される。児童相談所を経て里親に預けられる。
1988年4月 - 北海道余市郡余市町の北星園余市高等学校第2年次編入学。
1990年3月 - 北星学園余市高等学校卒業。
4月 - 明治学院大学法学部法律学科推薦入学。
1993年 - オートバイの事故。札幌市内の大学進学のための大手予備校に勤務。
1995年3月 - 明治学院大学法学部法律学科卒業。
11月 - 北海道内の小・中・高校生向け学習塾である(株)れんせい(練成会グループ)小樽練成会へ就職し、塾講師となる
1999年4月 - 母校・北星学園余市高等学校の教師となる。
2000年4月 - 北星学園余市高等学校36期生1年B組の担任(教諭)となる。
2001年9月 - 同校、大麻事件で大量逮捕者を出し、学校存続の危機に陥る[7][8][9]。
2005年
3月31日 - 同校を退職。
4月1日 - 横浜市教育委員会教育委員に就任。
2006年
4月 - 東北福祉大学一新塾の特任講師に就任。
10月 - 内閣官房教育再生会議担当室室長に就任。
2007年
2月 - 横浜市西区内にデザイナーズハウス一棟を購入。1階には学習机や、黒板を備えた教室・談話スペースが設置された事務所を設けた。
4月 - 東北福祉大学特任准教授に就任。
6月 - 内閣総理大臣安倍晋三からの要請を受諾し第21回参議院議員通常選挙比例区自由民主党から出馬を表明。
横浜市教育委員会教育委員を任期途中で退職。
教育再生会議担当室室長を途中で退任。
7月29日 - 第21回参議院議員通常選挙で個人票を約22万3千票獲得し党内10位で初当選。
11月15日 - 清和政策研究会に入会。
2009年
10月 - 自民党政務調査会 文部科学部会長に就任。
11月 - 九段会館での靖国神社崇敬奉賛会主催の講演会で講師
2010年4月6日 - 自民党政権力委員会で教育・人材育成・文化・スポーツ担当。
4月 - 地方政治学校・信州維新塾初代塾長就任。
6月9日 - 自民党本部でJ-NSC設立総会参加。
影の内閣「第一次谷垣自由民主党シャドウ・キャビネット」文部科学副大臣
2011年 - 亀井善太郎後継で自民党神奈川県第16区支部長就任。
2012年10月22日 - 「安倍自由民主党シャドウ・キャビネット文部科学大臣
11月20日 - 第46回衆議院議員総選挙自民党第二次公認候補者選定において、神奈川16区立候補公認となる。
11月30日 - 12月4日の自動失職を前に参議院議員を辞職。
12月16日 - 第46回衆議院議員総選挙において神奈川16区で初当選。
12月27日 - 第2次安倍内閣文部科学大臣政務官に就任。
2013年9月30日 - 文部科学大臣政務官を退任。
2014年4月 - 松蔭大学コミュニケーション文化学部特任教授。
12月14日 - 第47回衆議院議員総選挙において比例南関東ブロックで復活当選。
2015年10月9日 - 第3次安倍第1次改造内閣で文部科学副大臣に就任。

独自の教育観点で政治に切り込む自民党議員義家弘介議員に期待したいと思います。

選挙活動におけるインターネット利用の解禁に向けて

今日は衆議院議員平井たくや氏を紹介したいと思います。

平井氏はITについても積極的です。

ネット選挙解禁

選挙活動におけるインターネット利用の解禁に向けて、自民党で中心的な役割を担った。ネット選挙解禁の議論にあたっては、「ソーシャルメディアは日々進化している。本日出された議論に加え、セキュリティやコストなどの問題も踏まえ、先に提案した自民党案をもう一度点検することから作業を始め、短期間にできるだけ多くの議論をしてとりまとめをしたい」としている。さらに解禁後はネットを利用した選挙分析などにも力をいれた。自民党のネットメディア局長としてSNSなどを分析し「毎日いろんなことが起きることに対して、世の中がどう考えているかつかむという意味で、ネットは割と早く反応してくれるので、それに対してこちらも早く情報をつかめる」として政策に対する共感や反発が日々どう変化しているのか読み取り、該当演説等の内容に反映させるなどした。

また、「最終的に自民党は、インターネットで投票ができる社会は本人確認さえきっちりとできれば、可能だと考えている。そういうシミュレーションも今回のプロジェクトの中には入っている。」として、ネット投票の可能性も言及している。

このように、時代の先を見据え行動する自民党平井たくや氏の活動に期待したいと思います。

日本一、子供達が輝く街を目指して!

今日は衆議院議員義家弘介議員を紹介します。

日本一、子供達が輝く街を目指して!
地元創生を成し遂げるためには、子育て環境の整備が必須です。文科省予算、総務省予算などを活用して厚木市の全中学校にエアコンを整備、伊勢原総合体育館の全面改修など教育環境整備のために尽力しました。また、無責任体制が叫ばれて久しかった教育委員会制度の抜本改革を義家が中心となり60年ぶりに成し遂げました。教育再生、今後も進めて参ります。

 

と、地元の創生と教育に尽力する自民党議員義家弘介議員の活躍を期待したいと思います。

アジアの成長の勢いを取り込んで、日本の経済を成長軌道に!

こんにちは☆
参議院議員佐藤啓さんの政策の一つをご紹介します(*^^*)

『アジアの成長の勢いを取り込んで、日本の経済を成長軌道に!』

⚫日本が得意な自動車産業などの製造業の輸出を後押し

日本全体の自動車輸出の現状
⚪自動車の輸出額は全体の約2割り(約15兆円)
⚪輸出台数は、リーマンショック円高の影響により、2009年に前年比46%減と大幅に落ち込んでいる
⚪2012年以降、円安傾向が続くが、輸出台数はリーマンショック前と比べて、依然伸び悩んでいる。
⚪日本の輸出量が伸び悩む理由の一つとして、海外現地生産の増加による影響も一因と考えられる

日本は自動車生産量第3位(年間977万台)です。(1位中国、2位米国)
これだけの自動車を作っていながら、そのほとんどが日本国内で消費されているんですね(>_<)

 

国会議員佐藤啓さんは日本の良いものをたくさん輸出する事で日本の経済を成長軌道に乗せようと考えたんですね!
日本の製品は安全安心で、高性能な物がとても多いので、是非海外の方にもたくさん使ってもらいたいです!(^○^)☆

議員って聞くと国会議事堂にいるか駅でマイク握ってるイメージないですか?

こんばんは!

今日は衆議院議員河井克行さんが2016年に行ってきたことの一部を紹介☆


2016年1月28日~2月3日まで「アフリカ連合総会」に出席し出席した16か国のの首脳を会談を行った。

エチオピア大統領、ジンバブエ大統領、リベリア大統領、ケニア大統領、チャド大統領をはじめ、潘基文国連事務総長と打ち合わせなど、精力的に動いたことをエチオピア紙の「エチオピアン・ヘラルド紙」が1月30日付で報道しました!

 

2016年5月8日~13日でアフリカのガーナ・ケニアを訪問。ガーナではマハマ大統領に総理大臣の親書を手渡し、ケニアでは内閣府の「アフリカ経済戦略会議議長代行」としてルト副大統領とモンバサ港地域の経済協力について会談しました(^ ^)


国会議員河井克行さんは外交能力に優れている方なんですね!それにしても海外に出向く事が多いですね!びっくりです。

 

皆さんも議員って聞くと国会議事堂にいるか駅でマイク握ってるイメージないですか?

 

河井克行さん海外の新聞にも紹介されているようですし凄いですよね☆

2017年〜の活動も楽しみです(^ ^)

頑張ってくださいー!

ネット選挙解禁にむけて

おはようございます!

今日は衆議院議員平井卓也さんの公約について書いてみようと思います!

~ネット選挙解禁にむけて~

選挙活動におけるインターネット利用の解禁に向けて、
自民党で中心的な役割を担った。

ネット選挙解禁の議論にあたっては、
ソーシャルメディアは日々進化している。本日出された議論に加え、
セキュリティやコストなどの問題も踏まえ、先に提案した自民党案をもう一度点検することから作業を始め
短期間にできるだけ多くの議論をしてとりまとめをしたい」としている。
さらに解禁後はネットを利用した選挙分析などにも力をいれた。

自民党のネットメディア局長としてSNSなどを分析し
「毎日いろんなことが起きることに対して、世の中がどう考えているかつかむという意味で、ネットは割と早く反応してくれるので、それに対してこちらも早く情報をつかめる」
として政策に対する共感や反発が日々どう変化しているのか読み取り、
該当演説等の内容に反映させるなどした。
また、「最終的に自民党は、インターネットで投票ができる社会は
本人確認さえきっちりとできれば、可能だと考えている。
そういうシミュレーションも今回のプロジェクトの中には入っている。」として、
ネット投票の可能性も言及している。

実現したら良いな~と思います☆ネット選挙なら若い子も選挙に参加しやすくなるし、投票率も今よりもっと上がると思うんです。


これからも国会議員平井卓也さんの活躍に期待ですね!(^^)!

 

それではこの辺で!

特定秘密保護法の必要性。

おはようございます!

今日は衆議院議員平井卓也さんについて書いていきます!

特定秘密保護法の必要性。


この法案は我が国の防衛、外交、スパイやテロ行為防止等の安全保障に関する情報のうち、特に秘匿することが必要であるものを特定秘密として指定し、取扱者の適正評価や漏洩した場合の罰則などを定める法律だ。

現下の国際情勢において、国と国民の安全を確保するために必要な法律であることは論をまたない。


一部で事実に基づかない情緒的な批判が続いているが、国会議員の3分の2がその必要性を認めて修正案を取りまとめた経緯を考えれば、最後は採決で決めるのが民主主義のルールではないか。

国民の「知る権利」への配慮は必要だが、国民を守るための法整備は立法府として一番の責任だ。

 


大事なことですからね(^^)必要な法律をこれからもどんどん作ってもらいたいです☆

国会議員平井卓也さんはこれからもどんどん活躍していくと思うので応援したいです☆