主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

独自の教育観点で政治に切り込む

今日は衆議院議員義家弘介議員を紹介します。

1971年3月31日 - 長野県長野市で生まれる。
1986年3月 - 長野市立若穂中学校卒業。
4月 - 長野県長野東高等学校入学。
1987年 - 長野県長野東高等学校2年生の時に暴力事件を起こし、進路変更(中退)。両親に絶縁される。児童相談所を経て里親に預けられる。
1988年4月 - 北海道余市郡余市町の北星園余市高等学校第2年次編入学。
1990年3月 - 北星学園余市高等学校卒業。
4月 - 明治学院大学法学部法律学科推薦入学。
1993年 - オートバイの事故。札幌市内の大学進学のための大手予備校に勤務。
1995年3月 - 明治学院大学法学部法律学科卒業。
11月 - 北海道内の小・中・高校生向け学習塾である(株)れんせい(練成会グループ)小樽練成会へ就職し、塾講師となる
1999年4月 - 母校・北星学園余市高等学校の教師となる。
2000年4月 - 北星学園余市高等学校36期生1年B組の担任(教諭)となる。
2001年9月 - 同校、大麻事件で大量逮捕者を出し、学校存続の危機に陥る[7][8][9]。
2005年
3月31日 - 同校を退職。
4月1日 - 横浜市教育委員会教育委員に就任。
2006年
4月 - 東北福祉大学一新塾の特任講師に就任。
10月 - 内閣官房教育再生会議担当室室長に就任。
2007年
2月 - 横浜市西区内にデザイナーズハウス一棟を購入。1階には学習机や、黒板を備えた教室・談話スペースが設置された事務所を設けた。
4月 - 東北福祉大学特任准教授に就任。
6月 - 内閣総理大臣安倍晋三からの要請を受諾し第21回参議院議員通常選挙比例区自由民主党から出馬を表明。
横浜市教育委員会教育委員を任期途中で退職。
教育再生会議担当室室長を途中で退任。
7月29日 - 第21回参議院議員通常選挙で個人票を約22万3千票獲得し党内10位で初当選。
11月15日 - 清和政策研究会に入会。
2009年
10月 - 自民党政務調査会 文部科学部会長に就任。
11月 - 九段会館での靖国神社崇敬奉賛会主催の講演会で講師
2010年4月6日 - 自民党政権力委員会で教育・人材育成・文化・スポーツ担当。
4月 - 地方政治学校・信州維新塾初代塾長就任。
6月9日 - 自民党本部でJ-NSC設立総会参加。
影の内閣「第一次谷垣自由民主党シャドウ・キャビネット」文部科学副大臣
2011年 - 亀井善太郎後継で自民党神奈川県第16区支部長就任。
2012年10月22日 - 「安倍自由民主党シャドウ・キャビネット文部科学大臣
11月20日 - 第46回衆議院議員総選挙自民党第二次公認候補者選定において、神奈川16区立候補公認となる。
11月30日 - 12月4日の自動失職を前に参議院議員を辞職。
12月16日 - 第46回衆議院議員総選挙において神奈川16区で初当選。
12月27日 - 第2次安倍内閣文部科学大臣政務官に就任。
2013年9月30日 - 文部科学大臣政務官を退任。
2014年4月 - 松蔭大学コミュニケーション文化学部特任教授。
12月14日 - 第47回衆議院議員総選挙において比例南関東ブロックで復活当選。
2015年10月9日 - 第3次安倍第1次改造内閣で文部科学副大臣に就任。

独自の教育観点で政治に切り込む自民党議員義家弘介議員に期待したいと思います。