主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

就学支援金不正受給事件

こんにちは☆
今日は義家弘介衆議院議員が見直しに深くかかわったとされている
『ウィッツ青山学園高校』での就学支援金不正受給事件の事を調べてみました(*^^*)

広域通信制高校の改善策を検討していた専門家会議が2017年7月末に審議まとめを当時の文部科学副大臣出会った義家弘介国会議員に提出しています。
広域通信制の課題を長年認識していながら長年解決に至っていなかったが、ウィッツ青山学園高校の就学支援金不正受給事件から1年半で支援金事務の適正化や、学校設置認定の厳格化などスピーディーな対応を行いました。
この活動に不登校経験者を受け入れる高校で教鞭をとっていた義家弘介国会議員が見直しに深く関わったとされています。

ウィッツ青山学園高校は2010年から始まった
「就学支援金制度」で、申請窓口の三重県から総額5億5700万円の支援金を受給していました。
不正は許されません!
今回の様な不正や悪事に対しての、スピーディーな対応をこれからも行っていってほしいと思います。