主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

有権者の動向を知る

こんばんわ★
今日は衆議院議員下村博文さんについて書いていきたいと思います(^^♪


最初は落選からはじまりました。

下村博文議員が政治家として一番最初に選挙に立候補したのは、
昭和60年(1985年)の東京都議会議員選挙です。

出馬したのは上京したときから住んでいる板橋区に出馬しました。
その時に出馬した政党は自由民主党ではなく、新自由クラブからの出馬でした。

初めて出馬した東京都議会議員選挙の結果は落選です。

落選して4年後の東京都議会議員選挙で無所属候補(民社党社民連・進歩党推薦)として
出馬して、初当選を飾りますが初当選してから、
板橋区にある駅に朝や昼など街頭演説をしながら、
一般有権者の生の声を聞くという活動を地道に続けていました。

まったく地盤もないからこそ、自分自身で地盤を築きそして有権者の動向を
知ることになりました。

そのような経緯があるからこそ国会議員下村博文さんは、有権者のことが分かる
政治家の一人だと思います!(^^)!