主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

『日本人のアイデンティティ』

こんにちは☆
今日は下村博文衆議院議員が「文部科学省として先駆け的に努力する」としているうちの1つを調べてみました(*^^*)

『日本人のアイデンティティ
個人としてのアイデンティティとは、自分が自分らしくいられるためのもの。
では日本人としてのアイデンティティはどこから生まれてくるのか?
グローバル人材の育成の必要性が問われている中、いろんなところでグローバル人材、グローバルリーダーシップ、といったキーワードで教育が行われています。
では、世界に行けば誰しもがグローバルな視点を持てるのか、といったらそれは違うと思います。
自分が日本人である事を強く意識し、日本人である自覚、日本人であることの誇りを持ち、同時に他の国の文化を受け入れる寛容性がある状態がグローバルな視点を持つ等と言うことなんだと思います。
日本人であることを再確認すること。
それは日本文化を単に深く知ることだけでは得られるものではないと思います。
他と比較して、何が違うのかを浮き彫りにし、その違いを違う文化の人に分かりやすく説明できるようになるには、異文化比較と異文化理解が必要になると思います。

「日本人としての良さ」
⚫礼儀正しい
⚫マナーを守る
⚫仕事に一生懸命
⚫独自の文化がある
⚫技術力
などがあげられると思います。

下村博文国会議員はこれらの日本人としての誇り、文化を守り、さらに世界に発信するための努力を日々の活動として行っているんだと思います。