主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

自民党IT戦略特命委員長

今日は衆議院議員平井たくや議員を紹介します。

2011年9月、自民党総務部会長(自由民主党シャドウ・キャビネット総務大臣)に就任した。2012年8月頃に松野頼久松浪健太小熊慎司超党派国会議員と共同で「道州制型統治機構研究会」を発足[4]。同会参加者の大半は日本維新の会の結成に加わったが、平井は自民党に残留した。同年9月に行われた自民党総裁選では林芳正の推薦人に名を連ねている。

同年12月に執行された第46回総選挙では前回敗れた小川を香川1区で下し、5選(小川も比例復活)。直後の国会で衆議院内閣委員長に就任した。翌2013年は後述する他党党首への誹謗中傷事件や長男の器物損壊事件などの不祥事が相次いだ。2013年10月に内閣委員長および自民党ネットメディア局長・自民党ネットサポーターズクラブ代表を退任し、自民党IT戦略特命委員長に復帰した。

今後の政治とITには自民党平井たくや議員はかかせない存在ではないでしょうか。