主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

ミサイル防衛システムの強化

衆議院議員河井克行議員が自身のブログでミサイル防衛システムの強化の必要性を語っていたので紹介します。

f:id:blog001-0329:20171231190557j:plain

昨日、寒風吹きつける中を陸上自衛隊海田市駐屯地に展開している地対空誘導弾ペトリオット3[PAC-3]の視察を行いました。弾道ミサイルから日本を守る最後の砦と言われるPAC-3北朝鮮がグアム沖へ弾道ミサイルを発射する計画を発表し、その中で広島県が名指しされたことに対処するため、昨年八月海田市駐屯地に配備されました。
現場を預かる航空自衛隊PAC-3展開部隊長、陸上自衛隊第十三旅団長、東京の防衛省大臣官房文書課長や航空自衛隊幕僚幹部らから概要を聴き取った後に、屋上からPAC-3を視察しました。
ミサイルの広島都市圏への落下に備えるため、遠隔地の基地から代わる代わる配備されて24時間の警戒にあたっている航空自衛隊と、その任務の支援を行う陸上自衛隊、それぞれの自衛官諸官に心から敬意と感謝を表します。
今回の視察により、国民の生命と財産を守るためのミサイル防衛システムのいっそうの強化の必要性を実感しました。

北朝鮮の脅威、竹島尖閣諸島の問題などいずれも予断を許さない状況となっています。
もちろんこれらが使う事が無いに越したことはありませんが、日本が強固な姿勢をとる為にもこれらの整備・強化は必要であると思います。
これからも自民党河井克行議員の活躍に期待します。

 

こんな記事もあります★

matome.naver.jp