主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

「森友学園問題は朝日の捏造」

昨年12月の衆院財務金融委員会で、衆議院議員義家弘介議員が質問に立ち、安倍首相をはじめ安倍自民党が展開している「森友学園問題は朝日の捏造」論を主張。「まさにレッテル貼りによって国会審議を空転させたと言って過言でもない決め付け」と言い放った。
また、11月に開かれた文科委員会に「質問者」として出席し、加計疑惑を「恣意的な報道」「根拠ない追及」と断言。

加計学園問題について、雑誌WiLL2月号の取材に対して「「獣医学部新設の過程に総理の移行など一切入る余地はない」として、一連の疑惑を否定した。義家は「専門家で構成する設置審議会での議論で可否が判断される現行の精度では、外部から影響を及ぼすことは出来ない」としたうえで「総理どころか文科大臣すら介入することは出来ない」としている。さらに前川元次官を「朝日新聞に利用されている」として、朝日新聞を「バランスを失ったマスコミ」として批判した。

森友学園について、雑誌Will2月号の取材に対して「一部メディアが「特定人物」の証言を、事実確認(意図して、あえて)しないまま報道し、それを受けて野党が国会で徹底追及し、議論を空転させる」と批判した。さらに「緊迫する半島情勢を考えれば、当時の国会審議は無責任」として、野党の姿勢も批判している。

両問題は野党による追及が今なお続いております。この不毛な質疑により国会の貴重な時間が費やされています。
自民党義家弘介議員の発言にこれからも期待したいと思います。