主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

平成30年度予算成立

衆議院議員平井卓也議員がHPで平成30年度予算成立の報告をしていたので紹介します。

昨晩の参院本会議で平成30年度予算案が自公などの賛成多数で可決され成立しました。一般会計総額が97兆7128億円と過去最大となる予算は、「人づくり革命」や「生産性革命」に重点化したのが特徴で、高齢化に対応する社会保障費、北朝鮮などに対する安全保障上の予算も含まれます。

私たち自民党は衆参の予算委員会等を通じ、30年度予算の早期成立こそが最大の景気対策だと主張してきました。次年度予算を今年度内に成立させることができ、責任与党の一員として一先ずホッとしています。

地元では、民主党政権時に3年間工事が凍結され、渋滞や事故が頻発し、凍結を解除した高松自動車道の4車線化も4/25に一部区間で運用が開始され、今年度の全線開通を目指して着実に工事が進んでいます。また、高松西インターから岡本町と香南町を結ぶ円座香南線の予算措置や、屋島の遊歩道やドライブウェイ関連の整備予算、高松市の新病院を核とした災害に強い活力と賑わいのある南部の拠点づくりのための予算、更には、小豆島土庄町の沖之島架橋に関する予算など、ご要望のあった主な予算も無事に確保することができましたことをご報告申し上げます。

これからも先の総選挙で皆さまにお約束した政権公約を着実に実現するのはもとより、地元の皆さまのご要望を実現するために、国の未来に対して適切な政策を実行し、生まれ育った郷土のために常に全力で仕事をさせていただきますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

紆余曲折を経てやっと成立しましたが、年度内に成立されてよかったと思います。
景気回復、日本の暮らしのために自民党平井卓也議員の活躍に今後も期待します。