主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

学校指導体制の改善・充実

衆議院議員義家弘介議員が教育関係の主張として次世代の学校指導体制の在り方についてまとめているので紹介します。

・全国指定都市市長会から「発達障害等により通級による指導を受けている児童生徒は 10 年前と比較すると約 2.3 倍、日本語指導が必要な児童生徒は約 1.6 倍となっている。今後も増加が予想される中、各自治体が個に応じた教育機会を提供するためには、安定的・計画的に教員の採用・配置・育成を行える環境を、国が確保する必要がある。また、義務教育段階における教育水準の維持向上を図ることは国の責務であり、日本語指導が必要な児童生徒について、「地域の自治体・企業・経済団体との連携を強化すべき」と、あたかも国が責任を放棄し、地方に負担を転嫁するかのような考えは到底受け入れることができない。 」とする要望を受けている。文科副大臣の時に次世代の学校指導体制強化のためのタスクフォースの座長になり、次世代の学校指導体制の在り方についてまとめている。

現在の学校指導体制
・教員が、教科指導、生徒指導、部活動指導等を一体的に行う「日本型学校教育」は、国際的にも高く評価される大きな成果。
・世界トップレベルの学力を維持する一方、根拠・理由を示して自分の考えを述べること等に課題。
・義務標準法に基づく、主に標準的な授業時数に応じた算定による教職員配置。

学校指導体制の改善・充実
・「次世代の学校」の創生に必要不可欠な教職員定数の充実
・「経済・財政再生計画」を踏まえ、少子化の進展、学校の規模適正化の動向、学校の課題に関する客観的データ、実証研究の進展、地方自治体の政策ニーズ等を踏まえ、10年程度を見通した、「予算の裏付けのある教職員定数の中期見通し」を策定 (「次世代の学校」指導体制実現構想(仮称))、義務標準法の改正

教育体制は今までも疑問視されてきていているので、改革においては教育者の経験を持つ議員の力は欠かせません。
これからも自民党義家弘介議員の活動に期待します。