主婦の私が最近政治に興味をもってきた

政治について思った事を書いてみる

常に新しいものへ変革

衆議院議員平井卓也議員SNSでシェアリングエコノミーについて投稿していたので紹介します。

IT戦略特命委員会・シェアリングエコノミー推進議連とシェアリングエコノミー協会との意見交換と懇親会!地方創生、成長戦略、健全なデジタル社会構築のためには、シェアリングエコノミーへの理解を深める必要があります。議連会長としてもがんばます!

”「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。”

【シェアリングエコノミー協会】
シェアリングエコノミーで、日本経済をもっと元気に。
21世紀に入り、私たちはこれまで推し進めてきた過剰生産・過剰消費を見直すことが求められています。人々の消費スタイルは徐々に単独所有から共同利用へと変化しており、それは個々の生活を飛び越え、シェアリングエコノミーとして立ち上がりつつあります。

2014年度の国内シェアリングエコノミー市場規模(サービス提供事業者の売上高ベース)は、前年度比134.7%の232億7600万円であり、その勢いは益々加速しています。※矢野経済研究所調べ

たとえば、誰も住んでおらず活用されることのない空き家は総住宅数の約15%、約1000万戸にのぼり、自動車の利用率は5%程度で年に20日程度しか利用されていないというデータがあります。これらは氷山の一角であり、日本には眠ってしまっている様々な遊休資産があります。

それらをシェアすることで生まれる経済全体が、シェアリングエコノミーです。この新たな経済を業界全体で一丸となって活性化していく、それが今回シェアリングエコノミー協会を設立する狙いです。

シェアリングエコノミーが、これからの日本経済の発展を支える仕組み・概念の一つになることを目的に、今後この協会が中心となって様々な活動を行っていきます。法的な整備をはじめ、事業者やユーザーが前向きにシェアリングエコノミーに参加し、盛り上げていける土壌を作っていきながらも、トラブルなどあらゆることを想定し、対応策を整えていきます。そうすることで、シェアリングエコノミーが持つ可能性を、豊かな社会の実現につなげていきたいと考えています。

経済は常に変動し、政治もそれに伴い変化が求められます。常に新しいものへ変革が求められる中、政治がそれをリードできるよう。自民党平井卓也議員のように柔軟に対応できる政治家が最も重要ではないかと考えます。